/

この記事は会員限定です

破綻バンクから流出か 無届け投与の臍帯血 実態調査を開始

[有料会員限定]

東京都内などの12カ所の民間クリニックが他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療を無届けでしていた問題で、使われた臍帯血は経営破綻した民間バンクから流出したとみられることが29日、厚生労働省への取材で分かった。厚労省は他の民間バンクも第三者に提供している可能性があるとみて、実態調査を始めた。

厚労省によると、流出させたとみられるのは、2009年に経営破綻した茨城県つくば市の民間バンク。個人の臍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン