/

衰弱のツルから鳥インフル検出 鹿児島・出水

鹿児島県は29日、出水市で衰弱した状態で見つかったマナヅル1羽の確定検査の結果、H5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県は対策本部を設置、ツル発見場所から半径3キロ以内の養鶏農場33軒を30日に立ち入り検査し、異常の有無や防疫態勢を確認する。半径10キロ以内の養鶏農場には消毒用の石灰を配布する。

周辺は県内有数の養鶏地帯で、感染拡大が懸念される。また出水市は国内最大のツル越冬地で、今月15日には飛来数が記録開始以来最多の1万4378羽となった。環境省は野鳥緊急調査チームを12月2日に派遣、野鳥のふんを採取するなどして感染状況を調べる。

環境省によると、国内では今月に入り、島根、千葉、鳥取の3県で野鳥のふんからH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、今回で4例目。小里泰弘環境副大臣が12月1日、現地を視察する予定。

県によると、出水市高尾野町下水流の水田で今月23日、同市の監視員が衰弱したマナヅルを発見し、27日に遺伝子検査で鳥インフルエンザウイルスを検出。鹿児島大で確定検査を進めていた。

出水平野のツルは国の特別天然記念物に指定され、今年は10月23日に第1陣が飛来。18季連続で1万羽を超える「万羽鶴」となっている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン