/

エイベックス、個人情報35万件流出か 不正アクセスで

エイベックス・グループ・ホールディングスは29日までに、同社サイトに不正アクセスがあり、アンケートやオーディションなどに応募した人の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報約35万件が流出した可能性があると発表した。悪用など二次被害の報告はないという。

同社やグループ会社の契約アーティストの公式サイトなどで使用するソフトに脆弱性があったのが原因で、25日に内部調査で判明。有料会員サービスからのクレジットカード情報などの流出は確認されていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン