/

宇宙で膨らむ新居住棟 風船型、NASAが試験

NASAが国際宇宙ステーションで試験を実施した、風船のように膨らむ新型の居住棟「BEAM」(NASAテレビから・共同)

【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は30日までに、宇宙空間で風船のように膨らむ新型の居住棟「BEAM」の試験を国際宇宙ステーションで実施した。空気を入れ、直径約3メートル、長さ約4メートルのたるのような形に膨らませた。

7時間かけ、断続的に25回にわたって少しずつ空気を入れると、居住棟はパチパチと音を立てながら膨らんだ。今後約2年かけ、人体に有害な放射線を遮ることができるかどうかや、耐久性などを調べる。飛行士も短時間ながら中に入る予定。

繊維素材でできており、すべてを頑丈に造るより大幅に軽量化できる。地球から運び出す際は小さく折り畳み、宇宙で大きなスペースを得られるのが特長という。

26日に試験を行ったが、予定通り膨らまないトラブルに見舞われ、中断していた。壁を構成する繊維の摩擦が原因とみられ、調査の結果、NASAは空気を入れ続けても問題ないと判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン