/

中2男子が飛び降り自殺 仙台、嫌がらせ被害を昨年訴え

仙台市教育委員会は29日、市立中2年の男子生徒(13)が26日に飛び降り自殺したと明らかにした。昨年、学校のアンケートに「悪口を言われたり物を投げられたりする」と嫌がらせの被害を訴えており、記者会見した大越裕光教育長は、いじめの有無を含めて原因を調べる方針を示した。

市教委によると、男子生徒は26日朝に登校したが、1限目の授業後、教室にいないことに担任が気付いた。捜したところ、自宅近くのマンションから救急車で運ばれるのを発見。高層階から飛び降りたとみられ、搬送先の病院で死亡した。遺書は見つかっていない。

昨年6月と11月、いじめに関するアンケートに、悪口のほか「冷やかしがある」と記入していた。他の生徒からも「複数の生徒にからかわれているのを見た」との報告があった。だが、学校側は悪口の言い合いとみて双方を指導し、いじめとは判断しなかった。

仙台市では2014年9月に市立中1年の男子生徒(当時12)がいじめを苦に自殺。昨年2月にも別の市立中2年の男子生徒(同14)が自殺し、第三者委員会は「いじめが自殺に至った理由の一つ」との調査結果をまとめた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン