旧新潟貯蓄銀の100年定期、満期到来 でも…「すずめの涙」

2015/12/29 21:09
保存
共有
印刷
その他

新潟貯蓄銀行(新潟市、現第四銀行)が1915年(大正4年)に募集した「超長期」の100年定期預金が2015年に満期となり、預金証書を受け継いだ子孫から同行へ問い合わせが数件あった。預けた金額の300倍超になる計算だが、貨幣価値の下落により受け取れる金額は「すずめの涙」にしかならないという。

第四銀行によると、100年定期預金は大正天皇の即位の大礼を記念し募集された。利率は年6%の複利で、1円預け…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]