/

LINE乗っ取り詐欺、都内の被害2800万円

無料通話チャット・アプリのLINE(東京・渋谷)の利用者アカウントが不正ログインで乗っ取られた問題で、警視庁サイバー犯罪対策課は29日、電子マネーを詐取された被害を東京都内で368件、約2800万円分確認したと発表した。金銭的な被害がなかったケースを含めると、計657件の相談や被害届があったという。

同課によると、大半は知人になりすましてメッセージを送り、コンビニなどで電子マネーを購入させる手口だった。同課は詐欺や不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査している。

同課は7月22日に100件、650万円分の電子マネーの被害を確認したと発表しており、被害額は4倍以上に膨らんだが、被害は10月中旬から減少傾向にあるという。LINEが9月に導入した第2パスワード「PINコード」の設定義務付けや、電子マネー運営会社の対策の効果が出ているとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません