/

英国の漱石記念館、32年の歴史に幕 最終日に100人超訪問

【ロンドン=共同】今年が没後100年の文豪、夏目漱石の英国留学時代の資料を集めた「ロンドン漱石記念館」が28日、閉館した。生誕150年となる来年まで運営する予定だったが、英国の欧州連合(EU)離脱決定のあおりで1年前倒しとなり、32年の歴史に幕を下ろした。

この日は最後の開館日とあって夕方までに100人余りが訪問。30代だった漱石が約2年を過ごした当時の街並みの写真などに見入った。国文学研究資料館(東京都立川市)の野網摩利子助教(日本近代文学)は「留学は漱石の創作活動の原点で、記念館は貴重な存在だった」と惜しんだ。

漱石研究家の恒松郁生さん(64)が1984年に私財を投じて開館した。来年閉館し、記念館が入る部屋は売却するつもりだったが、離脱決定で不動産価格が下がり始めたため予定を早めた。

現在は熊本市の崇城大で教壇に立つ恒松さんは閉館に「一抹の寂しさを感じる」とコメント。運営に当たってきた妻の芳子さん(56)は「ここまで続けてこられて、達成感と安堵感がある」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン