2018年8月21日(火)

ハーバード大生が講師 8月、高校生に教養や英語

2016/5/1 21:30
保存
共有
印刷
その他

 米ハーバード大などの学生が講師役となり、高校生が合宿形式で教養や英語を学ぶサマースクールが8月、東京、長野、徳島、宮城の1都3県で開かれる。ワークショップや企業経営者らの講演を通じて視野を広げ、進路選びに生かしてもらおうと同大学や東京大など国内外の60大学の学生が企画した。

 各地のサマースクールには約20の海外大から外国人学生計60人が参加。国内外の大学で学ぶ日本人学生を含む計約150人が講師役となり、高校生とグループをつくって交流する。ハーバード大の教養教育を模したセミナーや起業家らの講演も開き、多様な考え方を知りキャリアを考えるきっかけづくりを目指す。

 代表で慶応義塾大3年の千葉馨さん(22)は「多くの高校生にとって、今まで知らなかった世界に触れられるいい機会。ぜひ挑戦してほしい」と呼びかけている。

 日程は地域で異なり東京(定員80人)が8月14~22日、長野(同50人)が15~21日、徳島(同50人)が16~22日、宮城(同60人)が14~21日。参加費は6万円で、エッセーなどで選考する。締め切りは1次が5月24日、2次が6月8日。ホームページhttp://h-lab.coで受け付けている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報