/

アスクル倉庫火災が鎮火 発生から12日

埼玉県三芳町の事務用品通販アスクルの物流倉庫火災で、県は28日、火が完全に消し止められ同日午後5時に鎮火したと明らかにした。発生から12日が経過。消防と県警は今後、実況見分をして出火原因や消火設備の作動状況を調べる。

火災は16日午前に発生。鉄骨3階建て倉庫内で延焼し、窓などの開口部が少なかったため消防活動が難航、22日にほぼ消し止めて鎮圧状態となった。延べ床面積約7万2千平方メートルのうち約4万5千平方メートルを焼いた。消防は燃え残りがないか確認を続けていた。

火災の影響で、アスクルの商品配送に一部遅れが出たほか、現場周辺住民に避難勧告が出された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン