/

「北斗星」の思い出 市民ら街おこし

北海道北斗市に6月、廃止された寝台特急「北斗星」の客車を展示する「北斗星広場」が開業した。市民団体が町の活性化を願って、資金を集めて整備。全国からファンが訪れる人気スポットになっている。

中学校の移転に伴い、使われなくなったグラウンドを活用した広場に、かつて札幌と上野を結び、北斗市内も走った寝台特急「北斗星」のブルーの客車2両が展示されている。客車の隣には、中華料理店「北斗軒」もオープンし、有志が植えた黄色のマリーゴールドが訪問客を迎え入れる。

北斗星は1988年に青函トンネルの開通とともにデビュー。廃止後はJR北海道が解体するはずだったが、市民団体のメンバー、沢田導俊さん(37)が「北斗星のファンは全国にいる。市内も走った縁のある車両を誘致すれば人を呼び込める」と思い立った。

客車の輸送や設置のための資金が課題だったが、昨年春にインターネットで出資を募るクラウドファンディングを始めたところ、1カ月間で約1500万円が集まった。

客車は昨夏から先行公開。埼玉や鹿児島など全国各地から1日平均100人のファンが集まり、シンガポールや台湾といった訪日客も来た。「子供のころに家族で札幌に帰る際は、決まって北斗星だった」などと懐かしむ人も多いという。

7月下旬、広場を訪れた北斗市の無職、北村義さん(76)は「地元ににぎわいの場所ができるのは良いこと。中華料理もおいしかった」と笑った。沢田さんは「まだまだスタートラインに立ったばかり。愛される観光地になるよう、地域の人と考えていきたい」と話す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン