/

地殻変動、北海道から関東沖で1~6年周期 東北大など

東北大学や海洋研究開発機構の研究チームは、北海道から関東までの太平洋沖に周期的な地殻変動があることを見つけた。プレート(岩板)の境目の一部がゆっくり滑る現象「スロースリップ」が1~6年周期で起きていた。この現象に合わせてマグニチュード(M)5以上の地震が増える傾向があることも確認。長期的な地震発生確率の計算に役立つ成果という。

米科学誌サイエンス(電子版)に29日、掲載された。

スロースリップが生じるとプレート間のひずみがプレートの一部に集中し、地震を起きやすくすると考えられている。東日本の太平洋側でも観測されていた現象だが、周期的な変化は知られていなかった。

研究チームは北海道から関東までの太平洋沖で過去28年間に発生したM5以下の地震波形などを調べた。約1500カ所の震源で地震が繰り返し起きており、その際の地殻変動からスロースリップによって滑る速度を計算。滑る速度は定期的に変化していると結論づけた。速い時期には遅い時期に比べて、M5以上の地震が6.2倍多く発生していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン