/

篠田和久氏が死去 元王子製紙(現王子HD)社長

王子製紙(現王子ホールディングス)元社長で経団連副会長を務めた篠田和久(しのだ・かずひさ)氏が26日午前10時、原発不明がんのため東京都内の病院で死去した。68歳だった。連絡先は同社秘書室。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、裕子さん。

1969年に王子製紙入社。2006年に社長に就任し、北越製紙(現北越紀州製紙)に敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けて注目された。12年に会長。体調不良のため今年6月に経団連副会長を退任していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン