新会社で解雇、「転籍は無効」 東京地裁判決

2017/3/28 20:58
保存
共有
印刷
その他

分社化で新会社に転籍した後に解雇された神奈川県厚木市の男性(54)が転籍の無効を求めた訴訟の判決で、東京地裁(湯川克彦裁判長)は28日、「法律が定める事前の協議が不十分で、転籍は無効」と判断した。

判決などによると、男性は化粧品会社「エイボン・プロダクツ」(東京・新宿)の厚木工場に勤務していたが、同社が2012年に会社分割の手法で同工場を子会社化したことに伴い、約200人とともに転籍した。その後…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]