/

17歳2人「服燃やした」 川崎・中1殺害、18歳「家にいた」

川崎市川崎区港町の多摩川河川敷で中学1年、上村遼太君(13)の遺体が見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された17歳の少年2人が「(上村君の)衣服を燃やした」と供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

発見現場近くの公園では20日午前3時ごろ、ぼやがあり、服のような燃えかすや焦げた靴底が見つかった。川崎署捜査本部は証拠隠滅を図った可能性があるとみている。

捜査本部は28日、少年2人と逮捕されたグループリーダー格の18歳少年の自宅を家宅捜索し、スマートフォンなどを押収した。

18歳少年が聴取に、上村君の死亡推定時刻の20日午前2時ごろ「家にいた」と説明していたことも判明した。

逮捕前に父親から依頼を受けた弁護士によると、父親も少年は同時刻に家にいたと説明。少年は27日に逮捕される2~3日前「自分は関係ない」と話していたという。

一方、捜査本部によると、17歳のうち1人は「現場に向かったのは(逮捕された)18歳と17歳の(もう一人の)少年、上村君の3人で、何があったかは知らない」と供述し、18歳少年の話と内容が矛盾している。18歳少年は現在「今は話さない」と供述している。

捜査本部は近くの防犯カメラ映像の解析などから3人を特定しており、経緯を調べている。

逮捕容疑は、河川敷で上村君の首などを刃物のようなもので突き刺すなどして出血性ショックにより殺害した疑い。逮捕された3人はいずれも容疑を否認している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン