/

速度差の安全確保が課題 新東名で最高速度110キロに

新東名高速道路の一部区間で11月1日から、最高速度110キロへの引き上げが試行されることが28日、決まった。大型トラックなどは現行の80キロに据え置かれるため、速度差が大きい車が混在することになり、事故防止に向けた安全確保が課題だ。警察庁や試行区間を管轄する静岡県警は車線のすみ分けやパトロール強化などの対策を進める。

引き上げ区間は静岡県内の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC間の上下線それぞれ約50キロ。100キロ超の最高速度は、国内で高速道路が開通した1963年以降、初めてとなる。

対象は普通自動車やバスなど。大型貨物車やトレーラーは重大事故の危険性から80キロのままで、速度差が大きい車が一緒に走ることになるため、懸念も出ている。警察庁などが昨年3月にまとめたアンケート調査では、120キロまで引き上げた場合に「不安を感じる」としたドライバーが約4割に上った。

警察庁は対策として、片側3車線の試行区間の一部で大型貨物車などが走行できる車線を規制することを決定。追い越し時などは中央車線に出られるものの、原則として左端の車線に限る。対象は上りで2区間24.1キロ、下りで3区間27.6キロと、試行区間の半分を超す。

試行区間の終了地点には最高速度が100キロに戻ることを示す標識を上下線に各3本設置。速度違反取り締まり装置の増設やパトロール強化も進め、ドライバーの注意を促すとともにスピードの出し過ぎや車間距離などの違反に目を光らせる。

警察庁は年度内にも、東北自動車道の花巻南IC―盛岡南ICの上下線約30キロでも引き上げを試行する。両区間で少なくとも1年間は事故状況や実際の走行速度の変化についてデータを集め、検証結果をもとに120キロへのさらなる引き上げや、他の高速道での段階的な引き上げを検討する。

警察庁の坂口正芳長官は28日の記者会見で、啓発活動なども含めて「交通安全対策を着実に推進する」と強調。さらなる引き上げの検討により「交通事故の防止と利用者の利便性に資する交通規制の実現に努めたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン