/

NHKの賠償請求棄却 小説ドラマ化巡り地裁

作家、辻村深月さんの小説「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」のドラマ化の契約を一方的に解除されたとしてNHKが出版元の講談社に約6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、請求を棄却した。岡崎克彦裁判長は「原作者が脚本を承認しておらず、契約は成立していなかった」と判断した。

NHKは「主張が認められず遺憾だ」としている。講談社は「適正な判断だ」とコメントし、辻村さんは講談社を通じ「作品が不本意な形でドラマ化されることはどうしても許容できなかった」とする談話を発表した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン