/

アサヒビールが勝訴 特許で東京地裁、サントリーの請求棄却

(更新)

アルコール度数ゼロのビール風味飲料を巡り、特許を侵害されたとして、サントリーホールディングス(HD)がアサヒビールに対し、アサヒの主力商品「ドライゼロ」の製造や販売の差し止めを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。長谷川浩二裁判長は、アサヒの特許侵害を認めず、サントリー側の請求を退けた。サントリー側は控訴する方針。

ノンアルコールビール市場は、サントリーHD傘下のサントリービールとアサヒがシェア首位を競っている。収益性の高い有望市場で競争は激しい。

サントリーは2013年10月、糖質やエキス分を一定の範囲内に調整したノンアルコールのビール風味飲料の特許を取得。今年1月、アサヒのドライゼロが特許を侵害しているとして提訴した。

これに対し、アサヒ側は「特許の内容は既存の製品から簡単に創作でき、サントリーの特許は無効」と主張していた。

サントリーとアサヒは過去にも発泡酒や缶酎ハイの商品名を巡り、商標権侵害などで法廷で争った経緯がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン