/

はやぶさ2「正常に稼働」 JAXA

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、昨年12月に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」が正常に稼働していることを発表した。推進力となるイオンエンジンなどに問題は無く、今年12月には地球の重力を利用して目的の小惑星「1999JU3」へ向かう軌道を目指す。

JAXAの国中均プロジェクトマネージャは「これから厳しい航海が待っているが、機材としては十分余裕をもって航海に乗り出せた」と語った。

JAXAは打ち上げから約3カ月かけて、はやぶさ2の搭載機器や地上システムの動作や機能を確認している。これまでに4台搭載するイオンエンジンが正常に働き、探査機が地上からの指示を待たずに自律して動くことを確認した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン