水道検針ミス22件、無断放水で帳尻 岡山市の委託先

2016/11/28 13:23
共有
保存
印刷
その他

 岡山市水道局から使用量メーターの検針業務を委託されている「第一環境」(東京)の岡山営業所が、22件の検針ミスを報告せず、うち2件で帳尻を合わせるため、社員が無断で庭の放水をしていたことが、28日分かった。市水道局は10月31日付で同社を厳重注意とした。

 市水道局と同社によると、検針ミスは2014年2月から今年7月にかけてあったが、9月の社内調査で発覚し、10月に市水道局に始末書を提出した。いずれも社員が一般住宅のメーターで使用量を多く読み取り、料金を32~317円多く徴収していた。

 このうち2件では、社員が長期不在の契約者宅の敷地に入り、前回の検針で誤った値まで使用量を増やすため、庭の散水栓から水を流していた。

 同社は西日本ブロック長ら6人を懲戒処分にした。本社の亀井聡総務部長は取材に「重く受け止めており、再発防止に努める」と話した。

 市水道局は08年度から同社に検針業務を委託している。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

第一環境亀井聡

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 21日 2:00
21日 2:00
関東 21日 12:22
21日 2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 21日 2:00
20日 22:00
東海 21日 22:15
21日 20:30
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 21日 18:17
21日 16:16
中国 21日 2:00
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
21日 19:43
21日 12:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報