小3・4向け英語教材を絵本風に 文科省、20年度から実施

2016/3/28 11:51
保存
共有
印刷
その他

2020年度から全面実施予定の小学校の次期学習指導要領で、主に英語に親しむために現在5、6年生で行っている外国語活動が3、4年生に前倒しされるのを見据え、文部科学省は新たな補助教材を作成した。児童が親しみやすいよう絵本風になっている。

教材は3年生向け、4年生向けの各1種。3年生向けは、キツネの子がかくれんぼをして遊ぶ場面で、動物や体の部位の名前、自分のことを話す表現を取り上げた。

4年生向けは起床から就寝までの1日を友だちに紹介する内容。あいさつや感情表現、学校生活などを扱った話を理解し、動作を表す簡単な表現で自分のことを伝えることが狙いという。

教室で使う大型本と音声入りのデジタル教材も作成。4月以降、全国の研究開発校など約120校や教育委員会などに配る予定で、文科省は「積極的に使用してほしい」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]