/

津波浸水域を短時間予測 東北大など「京」で新モデル

東北大と富士通研究所は、津波の浸水域を地震発生後に短時間で予測することに成功した。東北大の津波シミュレーションモデルをもとに、スーパーコンピューター「京」を使って計算できる新モデルを開発。宮城県の沖合で地震が発生するケースでは、最短約10分で仙台市の浸水域を推定できるという。

津波警報の精度を高め、住民の避難誘導に役立てることが期待される。

新モデルでは、宮城県沖で地震の発生源が特定されれば、地震発生後2時間の仙台市の浸水予測は2分以内に完了。発生源を特定する時間を含めても約10分で浸水域を把握できるという。

津波の浸水シミュレーションは必要な計算量が多く時間がかかり、リアルタイムの解析は一般に行われていない。東日本大震災では津波の高さの予報値が実際の高さより低く、浸水予測が大きな課題となっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン