2017年12月13日(水)

関東広域で大雨、千葉で避難勧告 鉄道に乱れ

2017/9/28 11:41 (2017/9/28 12:09更新)
保存
共有
印刷
その他

 関東地方では28日朝、前線を伴った低気圧の影響で非常に激しい雨が降っている。広域にわたって大雨が降り、一部地域には同日午前、避難勧告が出た。気象庁は千葉県の一部地域に記録的短時間大雨情報を出すなど、大雨への警戒を呼びかけている。

 銚子地方気象台によると、千葉県のいすみ市と大多喜町、富津市付近で午前6~7時半ごろまでに1時間に100ミリの雨を観測した。同地方気象台は記録的短時間大雨情報を発表した。

 また、睦沢町で2762世帯7194人、南房総市で518世帯1298人、鋸南町では249世帯555人、御宿町では407世帯867人などに避難勧告が出た。

 午前9時45分現在で茨城、千葉、神奈川の計3県の一部で大雨警報を発令した。低気圧は28日午後には関東地方を通過する見込み。

 気象庁は大雨に伴って河川が氾濫するほか、土砂災害が起こる恐れがあるとして警戒を呼びかけている。

 鉄道ダイヤに大幅な影響が出た。

 JR東日本によると、28日の始発から久留里線の運転を全線で見合わせたほか、外房線と内房線の一部を見合わせた。総武本線や京葉線など4線に最大180分の遅れが出た。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

大雨気象庁JR東日本



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報