五輪相「国民の理解得られる」 新国立整備計画

2015/8/28付
共有
保存
印刷
その他

 遠藤利明五輪相は28日、新国立競技場に関する関係閣僚会議後の記者会見で、取りまとめた新整備計画について「理解いただけると思い決定した。削れるものはしっかり削り、レガシー(遺産)としてしっかり残せるものだ」と述べた。

 遠藤五輪相は新整備計画の責任者として同会議の議長に就任。7月以降、競技団体の責任者やアスリート、建築家ら約40人からヒアリングしてきた。「要望を全部かなえられればベストだが、工期を考えると月内に計画をまとめないと間に合わない。悩みながら最大限配慮した」と理解を求めた。

 新計画では将来、競技場の収容規模を8万人に拡張した場合、陸上競技のトラックをつぶさなければならない仕様となった。遠藤五輪相は「大変申し訳なく思っている。『できれば』という思いもあったが」と語った。

 関係閣僚会議には東京都の舛添要一知事も参加。会議後、「これまで主張してきた『アスリートファースト』や『バリアフリー』などが(計画に)入っている。都としても全面的に協力する」との考えを示した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

遠藤利明国立競技場舛添要一

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 21:45
2:00
東京 21:40
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 21:35
21:30
北陸 21:30
21:30
関西 18:28
18:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
21:34
21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報