/

対馬のカワウソ本格調査 環境省

環境省は28日、国内で38年ぶりにカワウソが確認された長崎県・対馬で、約1週間の本格的な調査を始めた。専門家ら約10人が海岸や河川でふんや体毛を集め、個体数や生息状況などを把握し、ふんなどが見つかればDNA解析する。結果は9月下旬以降に出る見込み。

対馬のカワウソは、琉球大のチームが2月、設置したカメラで1匹を捉えた。チームはニホンカワウソが生き残ったか、韓国から海を渡った可能性を指摘。一方、7月に調査した環境省はユーラシアカワウソ2匹が生息し、雄と雌の可能性があると発表した。

ニホンカワウソは1979年に高知県須崎市で生きた姿が目撃されたのが最後とされる。環境省は2012年、生息を30年以上確認できないとして「絶滅した」と判断した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン