/

耐火シートで応急対策 山手線ケーブル火災、JRが作業公開

東京都渋谷区のJR山手線恵比寿―目黒間の線路脇2カ所でケーブルやカバーが燃えたトラブルで、JR東日本は28日未明、品川区の大崎駅近くで、同様のカバーをさらに耐火シートで覆う応急対策の作業を報道公開した。

JR東によると、燃えたカバーはポリエチレン樹脂製で、ケーブルを通すパイプの継ぎ目を覆っている。カバーに断熱材などでできた耐火シートをかぶせ、ステンレスバンドで巻いて固定した。

作業は朝までに山手線の70カ所で済ませ、他の路線でも行う。

火災では駅や信号機への送電用ケーブルと、配電設備の状態を監視する通信用ケーブルの一部が焼損。停電はせず、通信は不通となった。

ケーブル火災は18日と22日に中央線でも起き、原因を調べている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン