/

この記事は会員限定です

小田急、朝ラッシュ時の列車3割増へ 18年3月

[有料会員限定]

小田急電鉄は2018年3月、上下各2線にする「複々線化」の工事が完了するのにあわせて朝のラッシュ時の列車本数を3割増やす。所要時間も短縮し、新宿から45キロメートル離れた神奈川県厚木市なども1時間以内に到着できるようにする。利便性を高めて沿線に新たな住民を呼び込み、20年度の鉄道輸送収入を1200億円と15年度より5%伸ばす。

同社は3100億円投じて東北沢駅(東京・世田谷)―和泉多摩川駅(東京都...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り424文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン