2018年10月16日(火)

土井たか子氏が死去 女性初の衆院議長

2014/9/28付
保存
共有
印刷
その他

憲政史上初めて女性の衆院議長を務めた元社民党党首の土井たか子(どい・たかこ、本名=多賀子)氏が20日午後5時55分、肺炎のため兵庫県内の病院で死去した。85歳だった。連絡先は社民党総務局。告別式は近親者のみで行った。

同志社大講師だった1969年の衆院選で社会党(当時)から初当選した。86年の衆参同日選で同党が惨敗し、急きょ第10代委員長に就任した。このときの言葉「やるっきゃない」は流行語となった。

88年の消費税を巡る論戦では「駄目なものは駄目」と与党と対峙。翌年参院選は女性を多数擁立して「マドンナブーム」を引き起こし、参院で自民党を過半数割れに追い込んだことを「山が動いた」と表現した。

93年の細川非自民連立政権誕生に伴って衆院議長に就任、約3年間務めた。96年、社会党から党名変更した社民党の第2代党首に就任した。

2003年に秘書給与詐欺事件の責任をとって党首を辞任した。05年の衆院選では小選挙区への立候補を見送り、比例代表近畿ブロック単独で出馬したが落選した。

92年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報