/

海を40キロ漂流、20時間後救助 静岡・下田で男性

下田海上保安部は28日、静岡県伊東市の汐吹公園の沖合で27日、シュノーケリング中に行方不明になった神戸市の会社員中嶋祐輔さん(29)が約40キロ離れた同県下田市の白浜海岸で約20時間後に救助されたと発表した。中嶋さんは「漂流中、あおむけで浮いていた」と話しているという。

同保安部によると、中嶋さんは27日、友人4人と汐吹公園の海岸から、沖合約800メートルにある手石島に向けて泳いでいる途中に足がつり、身動きがとれなくなって流された。ライフジャケットは着用しておらず、シャツ型の水着「ラッシュガード」と水中マスクにシュノーケル、足ひれをつけていた。

28日午前10時ごろ、白浜海岸のライフセーバーが遊泳禁止区域で泳いでいた男性を見つけ、陸に上がってきた際に近寄ると「中嶋祐輔」と名乗ったという。中嶋さんは低体温症の疑いで病院に搬送されたが、意識はあり快方に向かっている。

中嶋さんは漂流中、体力温存のためあおむけになり、手足を大の字に広げた。耳は海中にあったため捜索するヘリコプターの音は聞こえず、水中マスクで視野が狭くて空以外にみえるものがない状態だったという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン