裁判官が半裸画像投稿 東京高裁、長官が厳重注意

2016/6/27 23:32
保存
共有
印刷
その他

自分のツイッターに上半身裸の男性の画像などを投稿し、裁判官の品位を傷つけたとして、東京高裁民事部の岡口基一裁判官(50)が高裁の戸倉三郎長官から口頭で厳重注意を受けていたことが27日、高裁への取材で分かった。21日付。

対象となったのは、2014年4月~今年3月に投稿した3件。上半身を縄で縛られた男性の画像や「自分の裸写真とか、白ブリーフ一丁写真とかも、どんどんアップしますね」などと記載した文章を投稿した。

岡口裁判官は「国民に多大な迷惑をおかけしたことを深くおわびする。このようなつぶやきは二度としない」とツイッター上で謝罪した。

渡部勇次・東京高裁事務局長は「現職裁判官が国民の信頼を傷つける行為をしたことは、誠に遺憾」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]