オリンパス粉飾、旧経営陣に590億円賠償命令 地裁

2017/4/27 22:23
保存
共有
印刷
その他

オリンパスの粉飾決算事件にからみ、会社に損失を与えたとして、同社と株主の男性が旧経営陣16人に損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。大竹昭彦裁判長は、菊川剛元社長(76)ら6人の賠償責任を認め、総額約590億円をオリンパスに支払うよう命じた。株主代表訴訟の判決が命じた賠償額としては過去2番目に高額とみられる。

賠償を命じられたのは、菊川元社長ら5人と、提訴後に亡くなった下山敏郎元…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]