/

同乗者は取引先と知人 機体管理会社、遊覧目的は否定

東京都調布市の小型プロペラ機墜落事故で、小型機を管理していた日本エアロテック(同市)の小山純二社長が27日、記者会見し、機長以外の搭乗者4人は同社取引先の男性とその知人だったと明らかにした。ただ、死亡した川村泰史機長(36)に取引先の搭乗を依頼してはいないと話し、遊覧飛行ではないとの認識を示した。

同社によると墜落した小型機には、取引先で小山社長と川村機長がいずれも面識のある男性(51)と、亡くなったとみられる全日空社員の早川充さん(36)ら男性の知人3人が同乗していた。

男性は雑誌やコマーシャルの撮影を仲介する仕事をしており、日本エアロテックの管理する航空機や施設を利用することがあった。川村機長の操縦する航空機にも4~5回乗ったことがあるという。

住宅街にある調布飛行場は、周辺住民への騒音や安全面の配慮から離着陸回数を制限し、遊覧飛行は認めていない。川村機長は今回、同飛行場に操縦の技能維持のための「慣熟飛行」と届け出ていた。

小山社長は男性が川村機長に「また慣熟の時に飛んでもらえるかな」と依頼したと聞いていると述べ、「慣熟飛行に友人や親族が乗ることはありうる」と説明し、遊覧飛行との見方を否定した。

国土交通省によると、慣熟飛行に法律上の定義はなく、同飛行場を管理する東京都は「技能維持やパイロット志望者の見学のための飛行を想定している」としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン