/

オリンパス粉飾決算事件とは

オリンパスの粉飾決算事件 バブル期の運用失敗で抱えた約1千億円の含み損を隠すため、連結対象外の海外ファンドに移し替える「飛ばし」で損失を簿外処理し、企業買収を利用して捻出した資金で穴埋めするなどした。

2011年、買収資金の不透明さを指摘した英国人のマイケル・ウッドフォード元社長の解任をきっかけに発覚。東京地検特捜部などは12年、菊川剛元社長(76)らを逮捕し、その後旧経営陣3人は有罪が確定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン