/

マイナンバー54人分を紛失 横浜市立小の職員

横浜市教育委員会は27日、市立新吉田小学校(港北区)の20代女性事務職員が、教職員38人とその家族16人の計54人分のマイナンバーが書かれた書類を紛失したと発表した。事務職員は神奈川県警などに遺失物の届け出をした。情報の悪用は確認されていないとしている。

市教委によると、事務職員は26日午後、東急横浜駅で下車する際、マイナンバーのほか、教職員や配偶者と扶養親族の氏名が記入された書類を入れたかばんをなくしたことに気付いた。

神奈川県教委の給与事務所に書類を届ける途中で、10分ほど乗車している間、足元にかばんを置いていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン