/

公園造成に汚染土利用、検討会が了承 環境省が方針改定へ

東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染で出た汚染土のあり方を検討する有識者検討会は27日、汚染土を公園などの造成に使うとの案を大筋で了承した。環境省は近く基本方針を改定する方針だ。

汚染土を巡っては、環境省が昨年6月、道路の盛り土など公共工事に再利用する方針を決定。今回は新たに、くぼ地に汚染土を埋めて土地を造成する再利用法を提案し、了承された。造成した土地は公園などに利用できる。汚染土の上に土砂などを40センチ~1メートル程度かぶせ、住民などへの被曝(ひばく)を防ぐとした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン