/

ベネッセ漏洩、1700人が追加提訴 原告3500人に

ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件での集団訴訟で、重要な個人情報が漏れたとして顧客約1700人が28日までに、ベネッセ側に1人当たり5万5千円の損害賠償を求めて東京地裁に追加提訴した。

原告は東京の弁護士らが昨年結成した「被害者の会」に参加した顧客ら。第1陣と合わせて原告は約3500人、請求額は計1億9千万円超となった。

情報流出をめぐっては、今回の被害者の会とは別に300人以上のグループも集団訴訟を起こしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン