/

毎日新聞に賠償命令 原子力学会の記事巡り東京地裁

日本原子力学会が議決した検査基準をめぐる記事で名誉を傷つけられたとして、東京工業大の有冨正憲名誉教授が毎日新聞側に600万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日までに、名誉毀損を認めて165万円の支払いを命じた。

問題になったのは2012年2月12日付朝刊の記事。使用済み核燃料の輸送容器メーカーから奨学寄付金を受けていた有冨氏が、輸送容器の検査基準を決める原子力学会の審議を主導し、国の規制より緩い内容にまとめたと報じた。

松井英隆裁判長は「有冨氏がメーカーに便宜を図る目的で審議を主導したとの事実は認められない」と指摘した。

毎日新聞社社長室は「主張が一部認められず遺憾だ。判決文を精査し、控訴について検討する」とコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン