2018年12月17日(月)
速報 > おくやみ > 記事

石井久氏が死去 立花証券元社長、株コラム「独眼流」

2016/4/27 21:20
保存
共有
印刷
その他

立花証券の実質的な創業者で同社の社長、会長を務めた石井久(いしい・ひさし)氏が22日、肺炎のため死去した。92歳だった。連絡先は同社総務部。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、愛子さん。

1923年、福岡県大野村(現大野城市)生まれ。鉄工所勤務や警察官などを経て、東京・日本橋兜町で証券外務員に。同時期に「独眼流」の筆名で書き始めた株式新聞の記事で名声を得た。

53年に江戸橋証券を設立し、57年に経営不振だった立花証券を買収して同社社長に就任。独自の相場予測で多くのファンを生んだ。

93年9月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報