/

東大次期学長に五神氏を選出

東京大は27日、浜田純一学長(64)の任期満了に伴う学長選考会議を開き、五神(ごのかみ)真・理学部長(57)を第30代学長に選出した。任期は2015年4月1日から6年間。

五神氏は1980年に東大理学部を卒業。専門は光量子物理学で、98年に東大大学院工学系研究科教授となり、12年から副学長を2年間務めた。14年4月から理学部長。

東大の学長選考は、外部の有識者を含む学長選考会議が学内外から推薦された10人程度の候補者を5人に絞り込んだ後、教授らによる意向投票を実施。結果を参考に、同会議が最終決定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン