/

小学館などに賠償命令 中森明菜さん写真掲載巡り東京地裁

自宅内での姿を盗撮された写真を載せた週刊誌「女性セブン」の記事でプライバシーを侵害されたとして、歌手の中森明菜さん(51)が発行元の小学館などに2200万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は27日、同社とカメラマンに慰謝料など計550万円の支払いを命じた。

水野有子裁判長は判決理由で「違法なのぞき見行為にあたる悪質な撮影。小学館も違法と知りながら会社ぐるみで不法行為をした」と指摘。写真掲載で中森さんの体調が悪化したことも認め、「芸能活動再開に影響した可能性があり、歌手としてのイメージに与えた損害も大きい」と述べた。

小学館広報室は「判決文を精査のうえ、しかるべく対応する」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン