放射性物質ストロンチウム、20分で測定 福島大が汚染水分析

2014/11/27付
保存
共有
印刷
その他

福島大は27日、放射性物質のストロンチウム90の新たな分析手法を開発し、12月1日から東京電力福島第1原子力発電所で汚染水の分析に使うと発表した。汚染水に含まれるストロンチウム90の濃度を測定する場合、従来は2週間から1カ月程度かかっていたが、新手法だと20分程度で測定できるという。

開発したのは、福島大共生システム理工学類の高貝慶隆准教授(分析化学)を中心とするチームで、日本原子力研究開発機構などが参加。2011年夏ごろから開発を始めた。

従来の手法はストロンチウム90が出す放射線の一種、ベータ線を測定し、その放射線量から濃度を調べていたが、他の放射性物質から出るベータ線と見分けるのに時間がかかっていた。新たな手法は特殊な処理で汚染水からストロンチウム90だけを抽出したうえで測定するため、大幅に時間を短縮できるという。

高貝准教授は「分析作業の時間が長くかかると、廃炉作業が遅れる。分析時間が短くなれば、被曝(ひばく)も抑えられる」と話している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]