後発薬メーカーに10億円賠償命令 中外製薬の特許侵害訴訟

2017/7/27 21:58
共有
保存
印刷
その他

 中外製薬が自社の軟こうの製法特許を侵害されたとして、後発医薬品メーカー3社に約13億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(沖中康人裁判長)は27日、3社に計約10億円の支払いを命じた。

 中外製薬は2013年に3社などに販売の差し止めを求める訴訟を起こし、今年3月に最高裁で勝訴が確定した。この訴訟と併せて15年に賠償を求めて3社を提訴し、「特許侵害の後発薬によって利益が失われた」と主張していた。

 敗訴した後発側は、岩城製薬、高田製薬、ポーラファルマの3社。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

中外製薬訴訟岩城製薬高田製薬ポーラファルマ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 10:29
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 2:00
2:00
東海 7:00
2:00
北陸 9:46
2:00
関西 12:30
11:30
中国 2:00
2:00
四国 11:30
2:00
九州
沖縄
12:26
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報