/

この記事は会員限定です

食卓囲んで街に絆 「まち食」、徐々に広がり

[有料会員限定]

たまには大勢で食卓を囲もう――。多くの人が集まって一緒に料理を作ったり、食事を共にしたりする活動が少しずつ広がっている。「まち食」とも呼ばれ、単身者や高齢者が一人きりで食べる「孤食」や、家族がばらばらの「個食」が多い現状を改善しようとする試みだ。地域や世代間の交流を生むのに一役買っている。

今月25日の夕方、東京都杉並区の住宅街。ある一軒家から笑い声とニンニクの香りが漏れていた。家は大きなキッチン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン