2017年12月16日(土)

新東名高速、最高速度110キロに 11月から一部区間

2017/9/28 10:17
保存
共有
印刷
その他

 警察庁は28日、新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川ICの上下約50キロについて、11月1日から最高速度を試験的に110キロへ引き上げると発表した。実際の走行速度と規制の差をなくし、高速道路の効果を高めることが目的だ。国内で最初の高速道路の名神高速が開通した1963年以降で初めて、100キロ超の最高速度が認められることとなる。

 警察庁は年度内にも、東北自動車道の花巻南IC―盛岡南IC(30キロ)でも引き上げる方針。

 対象は普通自動車やバスなどで、トラックなどの大型貨物車は重大事故のリスクから現行の最高速度80キロに据え置かれる。

 新東名の新たな最高速度は11月1日午前10時から適用される予定。大雨など天候悪化の場合は状況を見て判断する。

 警察庁は試行を最低でも1年間続け、実際の走行スピードの変化や交通事故の発生状況についてデータを収集。その検証結果を踏まえ、新東名、東北道の両区間での最高速度120キロへのさらなる引き上げや、全国の高規格の高速道での引き上げについて検討する。

 警察庁など専門家による委員会は昨年3月、「一定程度の規制速度の引き上げは可能」などと提言した。それを受け、警察庁は最高速度120キロを想定して設計された高規格の区間で、比較的事故が少ないことなどから、100キロ超に最高速度を引き上げることが可能と判断した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

政府新静岡IC新東名高速道路道路最高速度森掛川IC警察庁



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報