/

平均寿命、男女とも過去最高を更新 16年、厚労省

2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新したことが27日、厚生労働省の調査で分かった。過去最高の更新は女性が4年連続、男性は5年連続。国際比較では男女とも世界2位で、世界有数の長寿国であることを改めて示したが、国民医療費が年40兆円を超える中、社会保障制度をどう維持していくか課題となっている。

平均寿命は死亡率が今後も変わらないと仮定し、その年に生まれた0歳児があと何年生きられるかを表す。

16年の平均寿命は15年と比べて女性が0.15歳、男性は0.23歳延びた。日本人の平均寿命は戦後ほぼ一貫して延び続け、1947年と比べると女性は33.18歳、男性は30.92歳も延びている。

厚労省は「医療技術の進歩に加え、健康志向が高まり、対策も進み、自殺者が減ったことも影響している」としている。

主な国・地域と比較すると、女性は1位が香港で87.34歳、日本が2位で、3位以下はスペイン(85.42歳)、フランス(85.4歳)の順。

男性も香港が1位で81.32歳、日本は2位で、1、2位は女性と同じだった。3位はキプロス(80.9歳)、アイスランドとスイスはいずれも80.7歳で4位だった。

日本は女性の場合、15年と同じ2位だったが、男性は15年の4位から2位に上がった。男性が2位となるのは06年以来。

一方、厚労省は16年に生まれた男女の人数が半分になる「寿命中位数」も算出。女性は89.97歳、男性は83.98歳だった。平均寿命と比べ、女性は2.83歳、男性は3歳上回っている。

厚労省の試算では、16年生まれの男女が「後期高齢者」となる75歳まで生きる割合は女性が87.8%、男性が75.1%に達し、男女とも過去最高の割合となった。

また16年生まれが将来、がん、心臓病、脳卒中のいずれかで死亡する確率は女性が46.45%、男性が51.15%と試算した。これらの病気で亡くなる人がいなくなると仮定すると、平均寿命は女性で5.74歳、男性で6.95歳延びると推定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン