2019年4月22日(月)

高2自殺から5年近く、いじめと関連報告 兵庫の高校

2017/5/28 0:02
保存
共有
印刷
その他

兵庫県川西市で2012年9月、県立高2年の男子生徒(当時17)が自殺した問題を巡り、高校が県教育委員会にいじめと自殺との関連を明記した内容の追加報告書を提出したことが27日、県教委への取材で分かった。

当初の報告書は、いじめとの関連を判断しておらず、高校は自殺から5年近くがたって関連を認めた形だ。

昨年3月、神戸地裁は両親が県などを訴えた損害賠償請求訴訟の判決で、悪質ないじめがあったと認定した。一方、高校が自殺直後の12年9月に県教委に出した報告書は、いじめとの因果関係を「現時点で判断できない」としており、両親が判決も反映し、内容を変更するよう要望していた。

県教委によると、追加報告書には昨年の判決や、学校での事故などに見舞金を支給する日本スポーツ振興センターが今年、いじめを原因として給付を決めた経緯を記載した。〔共同〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報