/

15歳少女を2年ぶり保護 23歳男に逮捕状、行方追う

(更新)

埼玉県朝霞市で中学1年だった2014年3月から行方不明になっていた女子生徒(15)が27日、東京都中野区内で警視庁中野署員に保護された。女子生徒は自ら110番し、「一緒にいた男が部屋からいなくなった隙に逃げ出し通報した」と説明している。埼玉県警は未成年者誘拐の疑いで中野区のマンションに住む男(23)の逮捕状を取った。朝霞署に捜査本部を設置し、行方を追っている。

保護された少女が電話をかけたとみられる公衆電話(27日午後、東京都中野区)

県警などは28日未明、マンションに家宅捜索に入った。女子生徒は監禁されていた可能性があり、不明になった経緯や2年間の状況を捜査する。

捜査関係者によると、女子生徒は「男は秋葉原に携帯電話を買いに行く、6時ごろに帰る、と言って出掛けた。いつもは外から部屋を施錠されていたが、今日は掛かっていなかった」と話しているという。

女子生徒は27日午後0時半すぎ、JR東中野駅の公衆電話から「助けてほしい」と110番。「埼玉から全く知らない男に、車に乗せられ連れて行かれた」「(今日は)男が外出した隙を狙って、自分で逃げて駅に行った」と話した。「常に男の監視下にあった」という趣旨の説明もしているという。

男のマンションは同駅の北約300メートルの住宅街にあり、築30年以上の単身者向けの3階建て。

女子生徒は110番の直前に自宅にも電話。取材に応じた父親によると、「東中野にいる」と伝えてきたため、110番するよう指示した。

県警によると、女子生徒にけがはなく、保護された際、黒のダウンコートにジャージー姿で、通っていた中学の生徒証と現金170円を所持していた。女子生徒は同日夕、県警新座署で母親と再会。その際、2人とも泣いていたという。生徒は検査入院した。

男の実家は大阪府池田市にあり、埼玉県警が関係者から事情を聴いているとみられる。

女子生徒は14年3月10日、自宅前で若い男性と話す姿が目撃されたのを最後に行方が分からなくなった。財布や携帯電話は残されたままで、自宅の郵便受けには「さがさないで」などと書かれたメモがあった。約10日後には「迷惑かけてごめんなさい」との手紙が自宅に届いた。

埼玉県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて公開手配し、情報提供を呼び掛けていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン