音・動画などの新商標、第1弾43件認定 特許庁

2015/10/27付
共有
保存
印刷
その他

 特許庁は27日、音や動画など新しい形態の商標の第1弾として43件を認定したと発表した。久光製薬や味の素がCMで自社名を歌った音、エステーや東宝がCMや映画の冒頭で流している自社ロゴの動画などが登録された。欧米ではこうした商標は既に導入済みだが、日本の商標は文字や図形のみだった。

 商標は企業や個人が自社や商品のブランドをロゴなどのイメージとして権利化したもの。各国の特許当局に登録すれば、偽物などから自社ブランドを守れる。音や動画などが加わることで、商標の幅が広がる。

 新しい形態の商標は(1)CMなどに使う音(2)企業のイメージカラーなどの色(3)アニメーションやCG(コンピューターグラフィックス)のような動画(4)文字や図形の組み合わせ方法である位置(5)ギフトカードなどに貼るホログラム――が対象となる。

 今回認定した43件のうち、音は21件、動画は16件、位置は5件、ホログラムは1件。最も出願が多かった色の商標は独自性の認定が難しく今回は登録の対象にならなかった。

 欧米ではこうした商標の登録が既に始まっており、日本企業が現地で申請するケースもある。特許庁は国際的な動きに合わせて昨年に商標法を改正、今年4月から出願の受け付けを始めていた。これまで1千件超の出願が集まったという。

 企業は自社ブランドを象徴する音声や色などが権利として保護され、視聴覚に訴えたブランド戦略を展開しやすくなる。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 19日 21:00
19日 21:00
関東 2:00
2:00
東京 19日 22:00
19日 22:00
信越 2:00
2:00
東海 2:15
2:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
1:30
九州
沖縄
2:00
19日 22:15

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報