/

群馬大病院、43人患者の術後死亡報告せず 外科学会調査

群馬大病院で男性医師(退職)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題を受け、日本外科学会が2007~14年度に同病院で術後に死亡した患者50人について調べた結果、43人が院内の事故調査の担当部署に報告されていなかったことが分かった。病院の事故調査委員会が27日、東京都内で記者会見し明らかにした。

上田裕一委員長(奈良県総合医療センター総長)によると、報告書では当時2つあった外科の両方で、肝臓手術の死亡率が全国平均を上回っていた点も指摘されているという。

調査委は学会の調査結果を踏まえ、5月下旬をめどに最終報告書をまとめる方針。

群馬大病院では14年、男性医師の腹腔(ふくくう)鏡や開腹の手術を受けた患者18人の死亡が判明。調査委は昨年、院内で術後に亡くなった患者の調査を学会に委託していた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン