元オウム・菊地被告に逆転無罪判決 都庁爆弾事件で高裁

2015/11/27 13:45
保存
共有
印刷
その他

菊地直子被告

菊地直子被告

1995年の東京都庁小包爆弾事件で、殺人未遂ほう助罪などに問われたオウム真理教元信者、菊地直子被告(43)の控訴審判決で、東京高裁(大島隆明裁判長)は27日、懲役5年とした一審・東京地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無罪判決を言い渡した。

菊地被告側は控訴審で「運んだ薬品が人を殺傷する事件に使われる認識はなかった」として改めて無罪を主張していた。

東京地裁の裁判員裁判は昨年6月、事件の指揮役だった元幹部、井上嘉浩死刑囚(45)の証言の信用性を認め、菊地被告は「危険な化合物を製造すると容易に認識しえた」と判断。弁護側の無罪主張を退けていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]